スキンケア情報室85

  1. >
  2. Google × 毛穴の黒ずみ = 最強!!!

Google × 毛穴の黒ずみ = 最強!!!

化粧の悪いところ:お肌への刺激。毎日するのは煩わしくてたまらない。化粧品代がやたらめったらかかる。肌が荒れる。メイク直しやお化粧をするので時間の無駄だということ。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状とつながりがある状態のうちお肌の持続的な炎症(痒み等)が出現するものであり要するに過敏症の一種なのだ。

「デトックス」術には問題点や危険性はまったく無いのだろうか。第一、体内に蓄積するとされる毒というのは一体どのようなもので、その「毒素」とやらは果たして「デトックス」によって排出できるのだろうか?

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を加えて作られた美肌水は低刺激で皮膚に優しく、肌が乾燥しやすい人に向いています。防腐剤や香料などを使っておらず、お肌の敏感な人でも使えます。

頭皮は顔の皮ふと一続きになっており、おでこもスカルプに等しいものとみなすのはまだあまり知られていません。老化に伴い頭皮が弛んでくると、顔面の弛みの主因になります。

20代になってから現れる難治性の“大人ニキビ”の女性がじわじわと増えている。10年間こういった大人のニキビに苦しんでいる方々が医院に救いを求めてやってくる。

女性誌においてリンパ液の停滞の代表格みたいに説明される「浮腫」には2つに大別して、体のどこかに隠れている病気による浮腫と、健康面で問題のない人でも現れるむくみがあると考えられている。

アトピーの要因:家族の病歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種、又は2種類以上)、IgE 抗体を生み出しやすいと思われる主因、など。

乾燥肌というものは、肌に含まれる角質の細胞間脂質と皮脂の量が標準のレベルよりも目減りすることで、お肌(皮ふ)にある潤いが失われ、お肌の表面がパリパリに乾燥してしまう症状です。

ピーリングとは何かというと、役目を果たした不要な表皮を専用化粧品などでピール(peel:剥くの意味)することによって、まだ新しくて潤った表皮(角質)に入れ替え、ターンオーバーを促すシンプルな美容法です。

このコラーゲンとは、UV-A波やUV-B派などの紫外線にさらしてしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を頻繁に受けたり、日々のストレスが少しずつ積み重なったりすることで、失われ、遂には生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。

現代を生き抜く私たちは、毎日体内に溜まり続けるという悪い毒を、色々なデトックス法の力を借りて出し、なんとしてでも健康な体を手に入れたいと皆躍起だ。

下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力の関係でリンパの流れが鈍くなるのが普通だ。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパが少しだけ鈍くなっていますよというしるし程度に受け取ったほうがよいだろう。

顔色を良く見せたいと考えた挙句にフェイシャルマッサージをする人がいるようですが、特に目の下の皮膚は薄くて繊細なので、ゴシゴシと強く大雑把な粗っぽいマッサージはしないほうが無難です。

美白もしくはホワイトニングとは、色素が薄く、より明るい肌を重要視したビューティーの観念、或いはこのような状態のお肌のことを言う。大抵は顔の皮膚について用いられる言葉である。

美白指向には、1990年辺りからじわじわと女子高校生などに知れ渡ったガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの進言ともとれるメッセージ性が入っている。

加齢印象を強くする重大な元凶のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。歯の表側には、目には見えない凹凸があり、日常の暮らしの中で茶色っぽい着色やタバコの脂などの汚れが付きやすくなります。

美容外科(Cosmetic Surgery)というものは、身体の機能上の欠損や変形の修正よりも、専ら美的感覚に基づいて体の外見の改善を重視するという医学の一種であり、独自性を持った標榜科目のひとつである。

美容目的で美容外科の施術を受けたことに対して、恥という感情を抱く患者も少なくないので、施術を受けた者の名誉とプライバシーを冒さないように工夫が特に重要である。

外見を装うことで心が活発になって余裕が生まれるのは、顔面にトラブルのある人もない人も同じこと。私たちはリハビリメイクを己の内から元気になれる最良の手段だと捉えているのです。

日光を浴びたことによってできてしまったシミを消すよりも、シミが発生しないようにあらかじめ対策を施したり、お肌の奥で出番を待っているシミの種を防御することの方が有効って知っていますか。

深夜残業、終電帰りの食事会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・次の日のお弁当にご飯の準備…。お肌が荒れるとは分かっていても、実のところ満足できるだけの睡眠時間を持てない人が大半を占めているのは明らかです。

ネイルケア(nail care)とは、手足の爪や指の手入れを指す。健康、ビューティー、ファッション、医学的な処置、生活の質(QOL)の保全など幅広いシーンで活躍しており、もはやネイルケアは欠かせないものとなっているのは言うまでもない。

メイクのデメリット:お肌への刺激。毎日煩わしくて仕方がない。化粧品を買う金がやたらめったらかかる。メイクで肌が荒れる。何度もお化粧直しやお化粧する時間の無駄遣いをしていると感じる。

メイクのメリット:外観が向上する。化粧も礼儀のひとつ。本当の年齢より大人っぽく見える(あくまで24才以下に限った話です)。自分のイメージを毎日変えることが可能。

辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の要因には、1.腸内・皮膚・肺・口腔内などにおけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な因子、3.栄養面での因子、4.環境面での問題、5.1~4以外の要素の見解などが現在は主流だ。

「デトックス」法には問題点やリスクは本当にないと言えるのだろうか。そもそも体の中に蓄積する「毒素」というのはどのような物質で、その毒物は「デトックス」の力で排出できるのか?

頬や顔の弛みは年老いて見られる主因。肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の緩みが弛みにつながりますが、加えていつもの何気ない仕草も誘因になります。

美容とは、結髪、化粧、服飾などの手段によって容貌や外見を更に美しく装うために形づくることを指す。実のところ江戸時代には化粧(けわい)と同義の言葉として使われていたようである。

いつも爪のコンディションに注意を払っておくことで、微々たるネイルの変調や体の異常に配慮して、より適切なネイルケアを実行することが可能になるのだ。



トップ画像